スポンサード リンク

2007年09月13日

妊婦の医療保険を比較

妊婦の医療保険を比較してみたいと思います。

比較といっても、妊娠の段階で加入できるのは現在以下の二つです。

あとの保険は妊娠の段階だと、制限がついてしまいます。
詳しくは、保険の担当者などにお問い合わせいただくのが、正確な情報だと思いますが参考までに記させていただきます。

新任産婦保険(損保ジャパンひまわり生命)

妊婦のための保険として現在販売されている唯一の商品が、この「新妊産婦保険」。
16〜45歳の妊婦(初産は35歳まで)で経過が順調であれば加入でき、妊娠・分娩の合併症による入院や手術に備えられます。
保険料は一時払のみですが、もしも全く問題なく正常に出産した場合には、「無事故給付金」が受け取れます。
子供の先天異常などに備えられるのもこの保険の大きな特徴といえます。

多くの保険会社は、どんなに経過が順調でも、妊婦は新規に医療保険に加入できないか、加入できても妊娠・出産に関する合併症を保障しない(部位不担保)という契約になってしまう。

告知書には、妊娠中かどうか聞かれる欄もあります。

そのため、女性は婚約と同時に医療保険に入ることが理想。例外的に、妊婦かどうかを問わないものとしてはCO・OP共済「たすけあい」などの商品があります。

2003年度のCO・OP共済《たすけあい》の例ですが、20・30代の女性で、入院給付金を受け取る入院をした人の比率が最も多かったのは、妊娠中や分娩の異常でした。続いて、切迫早産や帝王切開、切迫流産と妊娠・出産がらみの原因が多くなっています。

CO・OP共済では妊婦の加入を制限していない(注:告知項目に該当せず、経過が順調な場合)こともこうした数字に跳ね返っているのかもしれません。さらに卵巣腫瘍、神経症と続きます。

入院日数が長いのは、神経症、切迫早産、切迫流産の順番でした
posted by 妊婦 保険 at 10:20| Comment(37) | TrackBack(3) | 妊婦の医療保険を比較 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサード リンク

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。